INTERVIEW 先輩社員インタビュー

デザイナー設計士

DESIGNER デザイナー設計士

もともと小さいころから、工作などものづくりに関わることが好きでした。
建築物は人が生活するうえでとても重要で、長く残るものづくりだと思います。
クライントの要望を聞き、法規的な制限、予算的制約等、すべての条件をクリアした設計をするのは当然ですが、納得していただけるプレゼン、プランを提示できたときは、それまでの苦労が一掃され、達成感に満たされます。
そこに喜びを感じます。

SALES 営業

お客様のお住まいづくりのサポートをしています。
資金計画や住宅ローンの借り入れについてのアドバイス、お客様の夢をかなえる理想の建物の提案など、計画全般の幅広いお手伝いをしています。その間お客様とは何度もお打ち合わせをさせて頂き色々な問題を一緒に解決していきますのでお客様との信頼関係はとても良いものになります。
そんなお客様のお住まいが完成をして幸せそうに暮らして頂いている姿を見た時がこの仕事をしていて最高にうれしい瞬間です。

SITE
MANAGEMENT
現場管理

施工管理を選んだきっかけは、インターンシップで施工管理を体験したことです。最初に配属された現場では、新築工事の躯体のコンクリート打設から竣工までを経験しました。
外部の足場がなくなり、外壁があらわになった瞬間や内装が仕上がった時などは、達成感と同時に感動を覚えました。自らの計画通りに工程が進み、現場がきっちりと収まった時や、施主様が完成後の建物をご覧になって喜んでいただけた様子を見るのもやりがいとなっています。

OFFICE WORK 事務

建設業界というと現場仕事のイメージが強いと思われますが、オフィスでの事務作業も重要な仕事です。事務の役割は、事務作業全般、業務に関わる経理、現場での来客対応や電話対応です。経理の役割を担う比率が高く、勘定科目も完成工事高、完成工事原価、完成工事未収金と建設業界ならではの項目を使用する機会が多いです。
事務職はお客様はもちろんスタッフを支える縁の下の力持ち的な役割です。